旅と写真と日記

岩手県に住んでいるまさひろです。旅先で撮った写真と日記を書いて行きます。

車について考える

最近、車を所有するという事について考えてます。

今は、仕事の関係で県庁所在地から離れた街に住んでいるのですが、

公共交通機関があまり整備されていないので、通勤のために自家用車は必須です。

 

僕自身は車には殆ど興味がなく、走れば良いと思っているので、新車で買った8年落ちのホンダライフに乗っています。(グレードは一番下のやつです。)

 

今までは、車の維持費のことは殆ど考えたことはなかったのですが、1年後に会社を辞めようと思っているので、車を処分するか維持して所有し続けるか迷っています。

 

ということで、まずは車を維持することによって発生する維持費について考えてみたいと思います。

ネットでいろいろと調べてみると、年間の維持費は

普通車で年間約¥480、000円、

軽自動車で年間約¥360、000円となっています。

この数値は住んでいる場所や使用頻度によって変わってくると思いますが結構かかりますね。

 

20歳で車を買って、免許を65歳で変換するまで車を乗り継いで行くと考えると

軽自動車 36万✖️45年=1620万円

普通車  48万✖️45年=2160万円

ざっくり計算してみただけでも、こんなにお金がかかるんですね〜!びっくりです。

しかも、この金額は維持費だけの計算なので、車両の購入費用が含まれていません。

新車を乗り継いで行ったら、いったい幾らになるんだろう...恐ろしい。

車は、人生における買い物の中で2番目に高いと言われたりしますが、維持費などを考えると家を買うのと殆ど変わらん...冷静に考えたら、見栄や所有欲だけで気軽に購入できる物では無いのかも。

 

昔は今ほどインターネットが普及していなくて、買い物などをする時には結構大きな街(人口30万人くらいの地方都市)に住んでいても車は必須だったような気がするのですが、

近年はアマゾンをはじめとするネット通販の普及によって、どこにいても東京などの大都市と同じもの(特に服などのファッション関係)がネット環境とアクセスするデバイス(パソコンやスマホなど)があれば手に入るようになりました。

それに食料品をはじめとする生活必需品や家電ですらも、ネット通販で玄関先まで持って来てくれるようになりました。

(そのおかげで、地方の商店街は大変なことになっていますが、これは時代の転換点ということでしょうがないのかも。技術や科学の発展によって無くなった仕事は時代ごとに沢山あったはず。)

と考えると、高い金を払ってまで車を維持するメリットってだいぶ減っていると思うんですよね。家族がいる場合はわかりませんが、独身者で7人乗りのミニバンに乗っている人の心境が僕は理解できません.。

(見栄かもしくはマジックミラー号への憧れ?www)

 

ということで、僕は会社を辞めたら車は速攻で売り払って

(今のライフに査定が付くかどうかわかりませんが...😓)

自転車と公共交通機関を利用した生活にシフトしていきたいと思っています。

(本当は、今すぐ車を処分したいんだけど、会社の同僚や上司が絶対うるさく聞いてくると思うので... は〜めんどくせ〜車いらね〜)

 

ということで、今回は僕が車について思っていることでした。

車はあれば便利なんだけと、近年は確実に所有するメリットよりも、持たないメリットの方が上回っている(特に金銭面で!)ような気が僕自身はしています。

車に乗らなけらば、事故を起こすリスクもなくなりますし。

 

なんだかまとまりの無い感じになってしまいましたが、最後まで読んでくれた方

ありがとうございました。